大学受験英語の家庭教師による大阪の堺・松原の予備校・塾の評判まとめ

大学受験専門の家庭教師である管理人が、大阪の堺市と松原市の予備校・塾の口コミ・評判をまとめていきます。

武田塾 河内松原校の評判について

 

堺・松原周辺で家庭教師をしているTSUKITAKAと申します。

今回の記事では、松原にある武田塾 河内松原校の評判をまとめていきます。

f:id:sakaimatsubara:20170331022426p:plain

 

塾までのアクセス・行き方について 

最寄駅
近鉄南大阪線河内松原駅
南口から徒歩1分

とても好立地です。

 

 

住所
〒580-0016 大阪府松原市上田3-2-7

松原ビル西館2F

 

通っている生徒

通っている生徒の多くは富田林高校・清教学園高校
松原の塾は普通、生野高校をターゲットにすることが多いのですが、武田塾は違うようです。
理由は勉強の管理をするというシステムにあるでしょう。
武田塾は授業をせずに、受験生の勉強管理をして、逆転合格を狙わせる塾です。
もともとできる受験生は、そもそも勉強管理は、自分1人でできてしまいます。
高偏差値である生野高校はそもそもターゲットにしていないのでしょう。

 

生徒からの評判・口コミ

テキスト

武田塾はテキストの販売は行っておりません。
学校の教材や本屋で売られている参考書をベースに進めていきます。
生徒一人一人に合った教材を教務の方や講師が選んでいくようです。
学校の進捗に合わせて教材を選ぶのはとても良いシステムですね。

 講師

武田塾の講師は社会人講師と大学生の講師です。
早慶や難関国立を狙うならば、社会人講師が積極的に個別指導をするようです。
ただ、武田塾は自学自習の管理をするので、そもそも講師の質はあまり関係ありません。
自学自習を講師がきちんと管理をし、少しわかりづらいところなどの解説があれば、参考書だけで十分理解できます。
毎日質問もできるようなので、分かりづらいところは社会人講師が指導をしているようです。
私も家庭教師をしているので、勉強の管理をすることが生徒の学力を伸ばすのにとても大事なことは重々感じてます。
勉強管理だけならば、受験生と年齢の近い大学生講師のほうが、高校生にとっては身近で話しやすいでしょう。

料金

 実際に武田塾堺東校に通っていた生徒に聞いたところ、毎月40,000円程度の授業料でした。
コースにもよりますが、理系国公立大学を目指している受験生でした。
武田塾の料金システムは、教科数やサポートに応じて月額料金が変わるようです。

 

教務サポート

講師の他に、教務が数人います。
武田塾の教務はとてもしっかりしているようです。
毎日の勉強管理をする塾というだけあって、生徒と先生のコミュニケーションはとても活発であると聞きます。
きちんと勉強管理をするために、確認テストや個別で面談を積極的に設けているようです。

 

運営会社

武田塾はフランチャイズである。
運営母体は株式会社 リンクスである。
東京都新宿区に本社を置く企業だ。
武田塾を運営するほかにも、福祉施設を運営している。
武田塾は急速に2015年頃に大阪に増えた。
今後も武田塾は大阪府に多く出店されるだろう。

 

TSUKITAKAの武田塾河内松原校の評価

堺地区と松原地区で私は3年家庭教師をしている。
もちろん、河内松原に生徒はたくさんいる。
家庭教師をしていると、いろんな塾の生徒を知ることになる。
私のもとに来てくれた生徒に話を聞くと、武田塾河内松原校は中堅レベルの進学校からの評判が良い。
生野高校の生徒はほとんどいないようである。
中堅高校である高校偏差値50~60台の受験生にとって、勉強管理をしてもらえるのはとてもありがたいだろう
そういう子たちにとっては武田塾はとても良い塾である。

またHPににある校舎長挨拶を拝見したが私TSUKITAKAの考えと同じところが多々あった。集団授業は確実にわからない人、ついていけない人が存在してしまう
そのために個別指導塾、勉強管理塾が存在するのだと思う。家庭教師も武田塾とほとんど変わりない。そこにきちんとしたカリキュラムが存在するかどうかである。
100校舎を超える校舎を持つ武田塾は話を聞いたところによると個別のカリキュラムが存在し入塾時にどうやって勉強していくか、どうやったら志望校に受かるかを決めてくれる。

勉強の仕方に悩んでいる人は是非とも武田塾の受験相談に行ってもらいたい。