大学受験英語の家庭教師による大阪の堺・松原の予備校・塾の評判まとめ

大学受験専門の家庭教師である管理人が、大阪の堺市と松原市の予備校・塾の口コミ・評判をまとめていきます。

東進衛星予備校 堺東駅前校 の評判について

堺・松原周辺で家庭教師をしているTSUKITAKAと申します。

今回の記事では、堺東にある東進衛星予備校 堺東駅前校の評判をまとめていきます。

f:id:sakaimatsubara:20170327213807j:plain

 

塾までのアクセス・行き方について 

最寄駅
南海高野線堺東駅
南から徒歩3分

とても好立地です。

f:id:sakaimatsubara:20170327214114p:plain

 

住所
〒590-0077 大阪府大阪府堺市堺区中瓦町1-4-24
EH第3ビル3F

 

開校時間

平日14:00~22:00
土曜9:00~22:00
日祝10:00~17:00

 

通っている生徒

通っている生徒の多くは三国丘高校泉陽高校
どちらも堺東駅にある公立の進学校です。
河合塾マナビス堺東校と同じですね。
やはり、三国ヶ丘や泉陽は、学校の授業が公立校でどうしても足りない部分があると感じる生徒が多いようです。
なので、この2校からは、映像授業であるマナビスが人気になるようです。

 

生徒からの評判・口コミ

テキスト

東進衛星予備校は受講しているビデオに応じてテキストを進めていきます。
東進の講座はレベル別に分かれているので、自分に合った教材で勉強を進められます。
ただし、問題数が少ないので、テキストだけでは足りません。
自分で参考書を買って、問題量をカバーしていかないといけません。

 講師

東進ハイスクールの講師の授業ををそのまま映像でみることができます。
映像授業の中でも東進の授業はトップレベルに質が高い。
どの講座でもとても分かりやすい授業があるのではと思います。
しかし、変な先生は多いです。
飽きさせないために、興味を引かせる授業をしているので、授業は雑談が多いです。
倍速で視るのがおすすめです。

料金

 実際に東進衛星予備校に通っていた生徒に聞いたところ、一定ではないが、毎月70,000円程度の授業料でした。
取るコースにもよるが、マナビスのほうが少し安いか。

 

教務サポート

二つの校舎に通った生徒によると、教務サポートはマナビスのほうがしっかりしていたとのこと。
ただ、東進衛星予備校のほうが色んな高校の生徒がいて、居心地は良かったと言っていた。
勉強する環境は、後ろの席との間隔が狭く、密集していたとのことだ。
それだけ生徒が多いのであろう。

 

運営会社

東進衛星予備校フランチャイズである。
なので、東進の直営の校舎ではない。
運営母体は株式会社 けいせい塾である。
和歌山県和歌山市に本社を置く中小企業だ。
けいせい塾自体は中学受験を対象とした塾である。
しかし、現在は東進衛星予備校フランチャイズに参入し、高校生もターゲットに入れることができ保有校舎は8校舎ある
今後、和歌山や大阪南部を中心に、けいせい塾運営の東進衛星予備校は増えていくだろう。

 

TSUKITAKAの東進衛星予備校堺東駅前校の評価

堺地区と松原地区で私は3年家庭教師をしている。
もちろん、堺東に生徒はたくさんいる。
家庭教師をしていると、いろんな塾の生徒を知ることになる。
私のもとに来てくれた生徒に話を聞くと、東進衛星予備校堺東駅前校は進学校生徒からの評判が良い。
何よりも、映像授業の質が高いのだ。
東進というのは、他の有名塾や予備校の講師を引き抜くことで有名だ。
授業の質は間違いなく良い。
しかし、塾生の人数が校舎の規模のわりにに多すぎるのではと感じる。
生徒数が多すぎると、教務面はどうしてもおろそかになってしまいがちだ。
大学受験塾において、最も大事なのは教務サポートだ。
多くの受験生が勘違いしているが、予備校選びは授業云々よりも、その校舎にいる先生の教務サポートが最も重要なのだ。
予備校選びはブランドだけで選んではならない。
どんなにいい授業をきいても、支えてくれる先生がしっかりしていないと難関大学への合格は難しい。

また、近年、スタディサプリが出てきたせいで、少し映像授業塾の人気が落ちている。
月額1,000円で高品質な授業が見放題となり、東進衛星予備校もマナビスも苦戦しているようだ。